公認会計士のパパは、とっても優しくて素敵だって感じるような人でした。
2万円の約束で、毎週食事に出かけるようになっていました。
ある時から「子供をほったらかしては可哀想だから、たまには一緒に食事に連れてこないか?」と言ってくれたのです。
それからはときどき、子供同伴で食事をご馳走してくれるようになっていきました。
穏やかな性格の方だったからか、2人の子供も次第に慣れ始めてきて、とても良い関係を作ることができるようになっていきました。
それに食事の後はオモチャ屋さんに立ち寄ってくれて、プレゼントを購入してくれたりもしますから、子供もすごく喜んでくれていました。
こうしてパパとの食事がずっと続いていったのです。
あれから4カ月近くが経過しようとした時のことだったのです。
「私もそろそろ身を固めたいと考えていてね、ここのところずっと食事をしていて、一緒にいても落ち着く人だって思っていたんだ」
いきなりこんな事言われて、心臓はドキドキしっ放し。
そして「結婚を前提として、真剣交際をして貰えないだろうか?」と告白されてしまったのです。
パパ活をしてセレブな男の人と知り合いたい、そんな気持ちを持っていた私。
独身の方と食事だけの関係を作ることに成功して、また子供も一緒に同伴させてもらっていました。
そしてついに、自分が思い描いていたような展開になったのです。
当然その場ですぐに返事をして、お付き合いをしたいと言う事を伝えていきました。
シングルマザーの私が、告白されて結婚前提の交際に発展するという夢に描いていた玉の輿に乗る関係を、パパ活アプリでみつける事ができてしまいました!

告白された後は、パパという関係ではなく彼氏という関係になっていきました。
子供を遊びに連れて行ってくれることもあるし、何かと面倒を見てくれたりもするのです。
生活の方もとてもゆとりを持たせることができたし、子供好きだった彼氏(元パパ)と子供たちもとても仲良くしてくれているし、再婚してもきっとうまくいくに違いないと今思えてしかたがありません。